• HOME
  • 精霊王の宝冠考察。対ボス火力としてHI型の魚と比較。

精霊王の宝冠考察。対ボス火力としてHI型の魚と比較。

現在実施中のクジに入った精霊王の宝冠

+10まで鍛えて前提スキルを全て取った場合の効果は

  • ディレイ-10%
  • アースグレイヴ、ダイヤモンドダストの威力+50%
  • アースグレイヴ、ダイヤモンドダスト、ヴェラチュールスピアの固定詠唱-1秒
  • 対ボス魔法火力 +25%
  • 固定詠唱-70%(フェンリルカードと同等)
  • 全モブMdef100%無視

最大のメリットは、精霊王の指輪×2と同時装備する事でアースグレイヴとダイヤモンドダストのCTがゼロになり(ディレイをカットすれば)ASPDに則ってスキルを連打出来る事。

つよっ

なんというか皿って今まで夢幻とかだとサイキックやDDの範囲火力を生かしての面制圧がメインの役割だと思ってたんですよ。
対ボスは魚のチェーンライトニングHI、連のアロスト等に任せるイメージだったのですが…

でもこの頭の登場で普通に魚の対ボス火力としての立場がなくなるんじゃないか…と思って考察してみました。

シミュ結果

仮想敵として神罰のオディール(中型人水1)をチョイス。
属性相性の差があまり無くて良く戦いそうなものを選びました。

前提

  • 自己バフ可能以外の外部支援と料理はブラギ、ブレス速度、濃縮サラマイン、オーディンの力、各速度Pのみ
  • 暴走魔力、真理の解放発動状態
  • 武器・アクセ・頭上段以外は全て同じ装備
  • ASPD193確保
    (190時点でモーションディレイ最小にはなりますが193のほうが引っかかりが少ない為)
  • 連打速度は理論値(0.15秒)から少し落とした実用範囲の0.2秒

比較表

比較項目 魚(現装備)
シミュ こちら こちら
DPS 4.8M 5.7M
高額品
(差分のみ)
・+10ガーデンオブエデン
・サラの幻影カード
・+9影杖
・時魔
・+10 精霊王の宝冠
・+9起源の書
メリット ・聖には滅茶苦茶に強い
射程が長い
・ブラギ不要(ステ無詠唱達成できるなら)
真理発動確率が倍
・ASPD193確保できるならアクセの自由度が高い
火、風に滅茶苦茶に強い
面の火力(複数相手)が強い
・精霊のASPD+5が大きくてASPD193確保しながらアクセ以外の部位を切り替えやすい
デメリット ・闇4には無力
単体火力
火水風地の属性4に対しては闇は75%しか出ない
・サラの幻影カードが高い
・聖4には無力
アクセと頭上段強制固定
・精霊維持必須
・最大火力の為にはブラギ必要

感想

つっっっよ

こりゃ魚の対ボス火力も完全に脅かされるレベル。

今回はヘルインフェルノとの比較になりましたがチェーンライトニングでもかなりいい勝負するんじゃないでしょうか…
チェーンはムラが大きくてシミュりにくいんですよね。変身とかの運に左右されるイメージ。
サラの幻影カードという特定スキル超強化カード有でこの差。
もう勝つにはジオイアチェーンライトニング真理の魔法使いエクスパンションくらいしか勝ち目が無い気がする。

実際は恐らく真理の発動率(or暴走靴)が倍というポイントが利いてて長期戦では魚に分があるかなとは思いますが。
また夢ではありますがダブル真理ダブル暴走という装備が実現出来れば流石に平準化した際に魚のほうが火力は上になると思います。

ですが何よりもこの単体火力を持っていてかつ広範囲火力も高い(魚の範囲火力は威力&CTがイマイチなのが多い)なんてもう皿無双ですわ。

ダイヤモンドダスト(水)、アースグレイヴ(地)、ヴェラチュールスピア(風)という3属性ってのも汎用性高くていい!

さらに必要な高額品は武器と+10精霊王の宝冠のみと…こりゃ次の究極で狙う価値はあるかも。
とは言ってもクジ品の+10なんで流石に所有者は+10エデン所持者よりもがくっと減るとは思いますが…
+10未満だとかなり残念な事になるのが最大のネックかな…アクセ固定はあんまり気にならない。

いいなー欲しいなー!

皿は魚の装備を結構流用出来るんでこういう1か所だけで世界が変わるような装備は個人的にGOOD!
最近夢幻で皿出して楽しいってなってたとこなんで結構夢のある装備が出てきたなって感じです。

COMMENTS

  • とおりすがり 2018-10-23 23:02:19 返信

    ヴェラチェールはターゲット単体指定だけど設置魔法なのでLP上ではあたらないですYo

    • るっすん 2018-10-24 03:42:08

      なんと!普通に知りませんでした…
      そうなると益々ヴェラチュールの優位性が少なくなっちゃいますね…
      ご指摘ありがとうございます。修正しておきます。